植物は〈知性〉をもっている【世界観がひっくりかえる本】

突然ですが、あなたは、植物に意思はあると、思いますか?

スピリチャルや、ファンタジーではなく科学の、現実の話としてです。

森や雑木林、街なかの植え込み、庭のプランターの花、みんな・・
実は人間を“見て”いて、いろいろなコトを考えている。

もし、それが真実だったら、夢があって嬉しいでしょうか?
それとも少し、怖く感じるでしょうか?

植物は〈知性〉をもっている(NHK出版)

こんにちは、ハラッパです。
今回、冒頭の話について、真剣に考察してあり、読み進めるたびに衝撃が走った・・
そんな一冊を、ご紹介します。

植物は〈知性〉をもっている

こう告げられたとき「絶対に、そんなことはない」と、証明できる方は、いるでしょうか?
これは、れっきとした科学の本ですので、論拠をいくつも挙げ、主張しています。

著者は「ステファノ・マンクーゾ」という人物で
イタリア、フィレンツェ大学の教授です。

そして読者へ問いかけます。植物は・・

“肺はないけど呼吸”しているし
“口や胃腸はないけれど、新陳代謝”している。
“目はないけれど、光のある方向に伸び、日陰を避けて成長する”など。周囲を認識している。

それならば

“脳が無いから、考えない”と、なぜ言える

まず、こうした問いから、始まって行きます。

そして、読者に必要なのは、内容がすすむにつれ
99%以上の人が当たり前に感じていることを、別の角度で考察する視点です。

植物は動けない→生存に必要がないから“動かない”のでは?
根っこが下で、枝葉が本体人間がそう思ってるだけで、実は根っこが本体かも。

・・といった具合です。
ぜひ、いったん今までの常識を置き去り、ページをめくって行きましょう。

地球を、本当に支配している生物は?

もし全ての植物が消え去ったら、人類も、他の動物も、生きていけません。
でも、全ての人類が消えても、植物は生きていけます。

地球上のバイオマス(生物の物質量)において、最多であり
最断トツ1位を誇るのは“植物”人間に限って言えば0.01%ほど・・

さて、地球でいちばん繁栄し、鍵を握っている存在は、どちらでしょうか?

なお、最古の陸上植物の歴史は、4億年以上あります。

人類の歴史は、500万年前から程と、言われています。

植物は、氷河期がきても、恐竜が絶滅しても、どんな過酷な状況にも適応し、
生き残ってきました。

その進化の果てにある今の形が、人間より劣っていると、言えるでしょうか。

動物は、内臓をや脳を持ち、それらは再生できませんし、大きな損傷なら死んでしまいます。
しかし植物は一部を失っても、平然と、再生ができます。
人間には出来ないものの、植物には出来ることはたくさんあり、

その能力についても、この本で、多く述べられています。

植物型ロボット“プラントイド”構想

いま研究され、分かっている植物の能力さえ、驚異的ですが
まだ人間が知り得ていない、とてつもない能力を、秘めている可能性もあります。

そもそも人間が知っている植物は、地球上の1割くらいと言われ
そこから、95%の医薬品が作られている
そうです。
それらが、どうしようもない難病を治療できる物質を、保持しているかも知れません。

さらには、地震や気候変動など、天災を予知しているかも、知れませんし、
新しいエネルギーを生み出す能力が、あるかも知れません。

それらを解析し、人類に役立てることを目指すコンセプトで
いま『植物+ロボット/AI』の技術。プラントイド構想の研究が
現実に、スタートしています。

単に“植物はすごいでしょう?”という事だけで終わらず
現実として、人間の未来をも左右する可能性を、秘めていることも、語られています。

まとめ

植物は感覚を持っていて、コミュニケーションを行うし、眠るし、記憶をしている。
根っこが、脳の役割を果たしていて、栄養摂取と、生存に必要な情報を獲得している。

こうした内容が挙げられ、その論拠が述べられるたび、衝撃を受ける本でした。
そして何より、読んでいてワクワクしますし、面白いです。

よく環境問題は大切と言われ、それには、心から賛同するのですが
これまでは道徳観や、未来の子供達のためにという考えだったものの、読後は
今の僕たちにとっても、とてつもない宝物が、壊されているのかも知れない・・

そうした視点も加わり
だからこそ、世界中の自然は、守られるべきと感じました。

どうか皆さんも、この本を読み、
99%の人が考えない視点で、植物を見て欲しいです。
そして、とてつもない可能性や、能力の存在へ、

目を向けるキッカケになれば、幸いです。

もし、ご興味が湧きましたら、ぜひいちど、読んでみてください。
ここまでご覧いただき、ありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました