ノーコードとは?もうプログラミングは必要ないのか?現役が解説

さいきんノーコードというスキルを、よく耳にする・・

プログラミングは、もう必要ないってこと?

こんにちは、ハラッパ(本名:原田幸大)と申します。

ノーコードという情報に触れると、当然として

だれしも、上記のような疑問が、浮かぶと思います。

いまプログラミングで手に職をつけることは、将来にかけ
とび抜けてニーズもあるなか・・

もし就職や稼ぎも、視野にいれている方は、なおさら

気になりますよね。

そこで今回、こうした点にフォーカスし、かみくだいて、解説したいと思います。

ともに起業している現役エンジニア達にも、様々な意見を聴き
リサーチしましたので、より広く、リアルな視点で
情報を、お届けできるかと思います。

ノーコードとは?メリットとデメリットも解説

文字通り、コードを書かなくても
WEBサイトや、アプリが作れる開発ツール
です。

具体的には

『bubble』『studio』『WEBflow』

・・などの、定番ツールがあります。

♦メリット
・プログラミングがほぼ不要
・上記のぶん、早く作れる

♦デメリット
・オリジナルデザインや、新機能の搭載は難しい
・複雑なものは作れない

このようになるかと、思います。
どうして、このような特徴があるのか

わかりやすく家を建てることに、例えますと

ゼロからひとつひとつ、設計を考え
材料を探し、作り上げて行くのが

通常のプログラミングです。

それに対してノーコード

キッチンのセットはこれ
屋根のセットはこれ

・・といった具合に、それら決まったキットを、

組み合わせて、たてものを完成させる。

とうぜん、こちらの方が、労力もお金もかからず
しかも、早く完成します。

ですが、細部をこだわりたいと思い

『ここは和室に変えたい』
『ベランダの方角を変えたいな』
『耐震を強化できないかな?』

そうした、要望を出されたとしても
最初のセットに無いものに関しては、作れません。

ですから、どうしても変えたければ、細かく改造したり
リフォームする技術が、べつに必要になるといった具合です。

さて、コンピューターのプログラムを作り上げる際も
これと同じイメージになりまして

細かいデザインは、こだわらなくて良いので、
それなりに、整ったホームページを作りたい。

〇〇と、同じようなアプリが欲しい。
他の機能は、そこまで要求しない。

ということでしたら
ノーコードの使い方さえ理解して、プログラミングは、

ほとんど、学ばなくても出来るかと思います
しかし・・

・デザインは、もっとこういう風にしたい!
・まったくあたらしい機能を追加しよう!

そうしたニーズも、幅ひろく目指す場合には、

基礎から、プログラミングで、作って行く必要があります。

なお、さらに詳細を知りたい場合や

興味があり、実際に手がけてみたい方は、以下のサイトも

ぜひ、参考にしてみてください。

≫【bubbljapan-community】WEBサイト

仕事で稼ぐスキルとしてはどうなのか?

プログラミングを、1から学習するのは大変さもあり

ノーコードだけ学んで、収入を得られたら、良いですよね。

個人的には、シンプルな依頼をフリーランスで受注して行くなど

ねらいを絞って行くならば、ノーコードだけ極めるのも、アリかもしれません。

クラウドソーシングなどに登録し、実績や利益を

積み重ねていけば、そうした道も、あると思います。

しかし、大きな収入を得たい場合、

また先々、スキルを様々に、応用させて行きたい希望の場合は

基礎からプログラミングを学んでいかなければ

おそらく、難しいと思われます。

プログラミングスクールについて

なお、本格的にプログラミングを学び
手に職をつけたいレベルを、求めるとなると

独学だけでは、挫折しやすく、かなり厳しい現実があります。

やはり専門家によるカリキュラムを受け、
一定のスキル基準や、自作の作品も創作し

スクールのブランドで、職の斡旋や、
業界の情報も得るのが、得策かと思います。

以下の記事では、プログラミングスクールについても
解説させていただいていますので、ご興味がある方は、参考にしてください。

≫おすすめプログラミングスクール比較!資格所有者が解説

なおスクールに通うには、それなりの費用が、かかってしまうものですが
げんざい無料のプログラミングスクールというのも、存在しています。

無料であるぶん、利用にはそれなりの条件や制限も生じますが

本格的にITエンジニアなどを目指したい場合は、1つの選択肢かと思います。

よければ以下も、ぜひ合わせてご覧ください。

≫おすすめ無料プログラミングスクールと注意点!現役が解説

まとめ

以上、今にわかに話題となっているノーコードを中心に

手に職をつけたい場合の、選択肢などについても

お話させて頂きました。

この業界は年々、あたらしい技術も登場し、その情報を

追うだけでも、なかなか大変ではありますが

今回の内容が、1つのヒントとして役立っていましたら、嬉しいです。

ここまでお読み頂き、ありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました