介護職への給付金について解説します【2021】

こんにちは、社会福祉士のハラッパ(本名:原田幸大)と、申します。

2021年4月より、介護職へ、未経験から就職する方へ向け
最大20万円の支援金を、厚生労働省が、予算に盛り込みました。

ただ内容について、分かりにくい面も、ありますので、
今回、この内容について、かいつまんで解説させて頂きます。

また、この制度と並行しまして、10万円の給付金
もらいつつ、無料で福祉資格を、取得できる制度もありまして
そちらも合わせて、解説いたします。

なお、こちらは僕自身が、10年前に利用し
10万円を受け取りつつ、旧・ヘルパー2級の資格を、取得させて頂きました。

支援金の要件について

まず要件をまとめますと、以下のようになります。※返済義務なしの想定

①介護や障害福祉での仕事が、未経験であること(※新卒も可)
②2年以上、働くこと(※とちゅうで辞めた場合は返済)
③所定の職業訓練を、修了すること(※無料)

なお、この制度は正式名称『介護職就職支援金貸付事業』となっていまして

“あげます”ではなく“貸します”という形に、なっています。

ただし介護現場で、2年間はたらけば、
全額の返済免除が、約束されています。

よって実質は『介護職として、本気で頑張り続ける方には
“差し上げます”』
という解釈に、なるかと思います。

お金だけもらって“さよなら”という事が無いよう
こうした条件が、設定されているものと、思われます。

なお、その使い道ですが、国としては
就職の関連に、使って欲しいという、意向ではありますが、

実際の使途については、報告や提出などは、必要なく、
何に使うかは実質、受け取った側の、自由となっています。

要件の職業訓練とは?


もう一点、支給の条件として、職業訓練がありますが、
未経験が前提ですので、就職のまえに介護の資格を、

取得してもらおうという、趣旨となっています。

実施はハローワークが行っており、受講は無料です。

どのみち、どこかのタイミングで介護職員初任者研修(旧ヘルパー2級)
取得しなければ、いけません。

通常であれば、通信教育や通学など、何万も費用を掛ける過程が必要でして、
それを、無料で取得できる点だけでも、利用価値があります。

ただ、留意点としまして、とくべつな理由がない限り
基本的に職業訓練は、欠席や遅刻に対して、かなり厳格です。

本気で目指す代わりの、無料という形になっていますので、
いい加減に受けていては、認められないのは、当然とも言えますね。

職業訓練に伴う給付金について

正式名称『職業訓練受講給付金』といいます。

冒頭の20万円の“貸付金”とは別制度となっていまして、併用も可能です。

10万円の給付金(※用途は自由)が支給される、この制度ですが
要件としまして、あなたが現在

・無職/フリーターであり、月収8万円以下
・雇用保険の、受給資格がない
・介護職員初任者研修を、取得していない

以上の3つがあてはまり、かつ介護職を希望される場合、

ハローワークへ申請し、認められますと
得られる可能性が、あります。

要件を満たす方であれば、ぜひ活用をおすすめします。
もし制度の詳細が知りたい方は、コチラの公式ページを、ご覧ください。

なお資格取得後の就職先について、特定の縛りはなく、

すべて受講者の意思に、ゆだねられています。

制度を利用したいとき

ここまで解説させて頂いた『20万円の貸付金』『10万円の訓練給付金』の2制度ですが

両方とも運用主体は、ハローワークとなっていまして、
利用の希望などは、お住いの地域を管轄する支部へ、問い合わせる形となります。

留意点としまして、貸付金の制度に関しましては、実施は国から

各・都道府県へと委ねられており、自治体によっては、開始していないケースがあります。

あなたの地域では、実施されているのか?

いずれにしても、事前に必ず、確認しておいた方が良いでしょう。

求人や職場のリサーチについて

これから介護職を検討される方は、福祉業界のリサーチや
仕事内容、福利厚生など・・1事業所ずつ、比較するのは
とても、大きな労力です。

特定のコネ等がない方は、並行して、
福祉の転職エージェントの利用が、おすすめです。

こちらも利用は無料ですので、給付金の制度も利用しつつ、
将来の職場候補を、あらかじめ探しておくのも、有益です。

ご興味のある方は、ぜひ以下のページを、ご覧ください。

≫介護の転職エージェントおすすめ比較!社会福祉士が紹介

さいごに

これは、多くの福祉職に共通する想いですが
たとえ地域や、サービス種別はちがっても、
おなじ福祉の仕事を志す方が、1人でも増えることは
とても嬉しいことであり、

僕の職場においても、見学などは、とても歓迎しています。

このさき検討される方は、ぜひ給付金の制度なども、活用して頂き
より安心な状況で、就職に漕ぎつけて頂けたら、幸いです。

ここまでご覧いただき、ありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました