社会福祉士の合格へ。最善の勉強方法を現役が解説!

こんにちは、ハラッパと申します。

社会福祉士への合格、そこへ至る方法は
ほんとうに複雑で、多様です。

いったい、どう取り組んでいけば、良いのか
迷いますよね。

しかし膨大な時間と、労力を費やす以上
「しまった、これはムリだ」という破綻は
ぜったいに、避けなければいけません。

この記事では、社会人の立場から
資格の取得を、目指していく方へ。

定められたカリキュラムを、修了して行きつつ、
学習する方法として、

・通信と通学、どちらがいい?
・それぞれのメリット・デメリット
・状況別に、どちらを選ぶべき?

こうした点にフォーカスし、解説いたします。

なお参考書や覚え方といった、具体的な勉強法については
以下の記事で、お伝えさせて頂いています。
知りたい内容が、こちらの場合は、下記をお読みください。

≫何に取り組み、どういう配分が最善か解説【社会福祉士試験2021】

なお、この記事を書く僕は、2013年に合格。
地域包括支援センターにて、5年ほど勤務しています。

よりリアルな体験を通し、最善へのヒントを
お伝えできると思います。

実習の存在を忘れずに

まず、ここから先のお話は

12通りある、社会福祉士の受験資格のうち

4大を卒業(福祉系以外)された方や、

短大卒業+実務経験の経歴があり

「養成機関」の項目を残すのみといった

状況を前提に、解説させて頂きます。

試験までのルートについて、まだ、あやふやな場合は、

いまいちどコチラにて、ご確認ください。

さて、社会福祉士までの、最大の壁は
もちろん冬の、国家試験ではありますが、

もう1つ立ちはだかるのが、現場実習でして
23日以上、180時間を、修了しなければいけません。
(今後、さらに増やすべきとの、提言もあり。)

通信であれ通学であれ、この過程は必須でして
時間の都合も必要な点が、ハードルです。

実習は、社会福祉士の業務に関係していて
かつ、受け入れを行っている職場に、飛び込みます。

ただ時間を、過ごせば良いのでなく
“実習を修了した”の基準は、事業所に委ねられます。

一緒に合格した、仲間の話も聞くと、ほんとうに様々で

・現場が忙しくて、ほぼ見ているだけだった
・がっつり、現職の人と一緒に働いた
・厳格で「今日のは、実習として認められない」という日があった(やり直し)

などなど、かなり多様な現状があります。
いずれにしても、通信・通学とも実習が必須であることを、
あらためて、念頭において頂ければと思います。

なお例外として、すでに所定の実務経験が1年以上の場合
(ケアマネ―ジャー・福祉施設の相談員など)

免除されるケースもありますので、その際は
これから学ぶ養成機関に、ご確認ください。

通学のメリット・デメリット

学校に通い、まいかい授業を受けます。
働きながらの方であれば、夜間コースのある
スクールでないと、難しいと思われます。

4大を卒業していた僕の場合は、期間は1年間

月~土の週6、毎回90分×2コマの授業でした。

【メリット】
①モチベーションが続く
②先生が教えてくれる/すぐ質問できる
③勉強仲間ができる

①モチベーションが続く
これが、いちばん大きいかと思います。
正直、社会福祉士の試験勉強はツラいです。

範囲は広大かつ、難解な部分も多数。

僕は派遣社員のかたわら、通学していましたが
まいにち仕事のあと、家で本を開いて学習・・

その形では、続けられた自信がありません。
授業があり、出席というものがあると
疲れていようが、行かなければという義務感が。

また同じ教室の仲間も、がんばっているので、
じぶんも追い込んで、やらなければと思えます。

②先生が教えてくれる/すぐ質問できる
これは当然、教師の教え方にも、よりますが・・
文字だけでは難解な部分も「こういう事だよ」と
教えてもらえます。

また授業の形であれば、わからない部分を
その場で質問し、返してもらえるのも、大きいです。

また、どの先生にも個性や、様々な経験談があり
ユニークな先生や、尊敬できる先生の、授業は
まいかい楽しみですら、ありました。

ホームレスの支援で、河川敷に行ったはなし・・
児童相談所で、逃げた児童を探し回ったはなし・・
余命宣告された利用者が、奇跡のように回復したはなし・・

大失敗した経験、泣くほど嬉しかった経験
いろいろ・・

学習内容のかたわら、こうしたリアルで
赤裸々な話が聞けると、未来のイメージも、掻き立てられます。

③勉強仲間ができる
ひとつ同じ教室で、おなじ目標に向かう仲間。
友達になったり(ときに恋人になったり)
励まし合う仲になることも、多いです。

僕の学んだコースは、20代~60代まで。
年齢も、目的も、目指す職種も様々でして、
ほんとうに、いろいろな視野が拓けました。

【デメリット】
①費用が高額
②時間の融通が必要

①費用が高額
正直、この面が、いちばん大きいと思います。
参考までに、僕は日本福祉教育専門学校の
夜間で学ぶ“ナイトコース”でしたが

約1年のトータルで、学費は130万円ほど
もし同じ学校の、通信であれば、40万円ほど
3倍以上の、ひらきがあります。

ちょくせつ授業を受けますし、学校施設のすべてを
使わせてもらうので、高くなるのも当然ですが・・
決して、やすい値段ではありませんね。

なお地域によりますが、たとえば東京であれば
社会福祉協議会が、学費の貸し付けを実施しており
『合格→就職→所定の施設で5年以上働く』
ことによって、返済免除などの制度もあります。

こうした補助も、ぜひ上手く利用して行きたいところですね。

②時間の融通が必要
授業への出席は厳格でして、基本は欠席したら
別の日に、受けなければなりません。
(遅刻の扱いは、状況などによる)

僕の学校は18時過ぎから、授業開始でしたが・・
派遣で、定時で上がれたからこそ、可能でした。

仕事のかたわらで、時間の融通が利かなければ
ここが、厳しくなってくる部分かと思います。

通信のメリット・デメリット

テキストが送られ、学習と同時に課題を解き
郵送やメールなどの方法で、提出という、くり返しが一般的です。
また全体で10日前後、学校に通う、スクーリングも有り。

なお最近はリモート技術を、駆使し

PCやタブレットで、オンライン授業の実施や

オンライン質疑応答が出来るシステムを、導入している学校もあります。

【メリット】
①費用が安い
②時間の融通が利く
③じぶんのペースで勉強できる

①費用が安い
通学に比べ、格段に安い価格で、学習が可能です。

②時間の融通が利く
実習や所定のスクーリングをのぞき
学習時間は、自由に決められます。

また、まいかい通う必要がなく、
好きな場所で、勉強できるのもメリットですね。

③じぶんのペースで勉強できる
授業という形より、1人でもくもくと取り組む方が
得意という方も、いると思います。

また、これは2020年~の、特殊ケースですが・・
自習の方が“密”になることが避けられ
感染リスクが、低いです。

先々はわかりませんが・・2020年現在は
このメリットは、大きいと感じます。

【デメリット】
①モチベーション継続が難しい
②すぐ質問できない

①モチベーション継続が難しい
通学メリットの、真逆になりますね。
とはいえ、これは人にもよりますので・・

自宅で難しければ、カフェや図書館に行ったり
音楽を聴いたりといった工夫も、考えられます。

また通学ほどではないにしろ、スクーリングで
同じ目標の仲間と、顔を合わせられますし
SNSもリモートも発達した現在、
遠隔で、コミュニケーションも取れます。

②すぐ質問できない
学習していると“?”となる箇所は、たくさんあります。
アナログのカリキュラムであれば

自己理解したり、その個所を記録しておいて、
あとで質問しなければなりません。

“?”が連続してくると、ツラくなってくると思います。

【学習カリキュラムのリサーチ】

比較・検討する際は、インターネット検索に加え
アナログの資料も手元にあった方が、見比べやすいです。

就職活動で有名な、リクルートが作る、
【スタディサプリ進路】のページは
まとめて複数の資料も取り寄せられ、便利です。

トップページの【専門学校】のタグを押し、
検索で『社会福祉士』と入力すると
該当する学校が、一覧で表示されます

なお資料の取り寄せは、すべて無料です。

【スタディサプリ進路】

まとめ

以上、これから社会福祉士を、検討するあなたへ
養成施設の学習について、解説させて頂きました。

合格までの道は、大変なことも多いですが・・
社会福祉士が手掛ける分野は、おどろくほど広く
先々もニーズが増え続ける、職業です。

また肩書を得て、免状を手にしたときは
達成感と、試練を乗り越えた歓びに、包まれます。

どのようなルートであれ、どこの地域であれ
社会福祉士を志す方が、ひとりでも増えたら嬉しいです。

この記事が、そのヒントの1つとなっていたら幸いです。

ここまでお読みいただき、ありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました