社会福祉士の勉強は、いつからスタートするべき?【配分のコツ】

勉強って、いつからはじめれば?

情報がありすぎて、ぎゃくに迷う

これから社会福祉士試験の、勉強をするあなたも
こうした悩みに、直面していないでしょうか?

そこで、この記事では

・勉強のスタート時期
・ぜんたいの配分やコツ

こうした点について、解説させていただきます。

なお、この記事を書く僕ですが、2013年に合格して以来
地域包括支援センターにて、約8年ほど、勤めさせていただいています。

過去の経験や情報から、より実践的に役にたつ内容を
お届けできると思います。

約1年で決着を

まず、結論から言いますと・・

4月にスタート→翌年2月ごろ試験→3月に合格発表

このような、1年スパンが良いと思います。
正確には、勉強期間は10か月ほどになります。
以下、ぜんたいの配分もまじえ、解説いたします。

さいしょの冬

この記事を、書いている2月現在。
ちょうど国家試験が、おわった直後のタイミングです。

つぎの社福士試験をめざす方は、春までに、
勉強の方法をリサーチ・決定していきましょう。

具体的には通う学校、あるいは通信講座の選択です。
1年スパンのカリキュラムであれば、4月スタートが多く

オープンキャンパスなども、よく2~3月に
開かれています。

場所や方法、条件など、あなたに合った所をチョイスしましょう。

なお学校ごとに、さまざまな合格率が、発表されていますが、
正直、あまり固執しない方が、良いと感じます。

もし合格率90%以上でも、落ちる人は落ちます。
取り組む勉強内容に、どこも大きな差があるわけでなく

最終的には、自身をどれほど追い込めるか
集中できるか、モチベーションが大切になってきます。

4月~6月

きっとあなたは、教科書の多さに、驚くかも知れません。
社福士の勉強範囲は、きわめて広大。

いきなり全てには、取り組めません。

とはいえ、この時期はまだ、全体をパラパラめくりながら、
「こんなこと勉強するのか~」と、いった感じで、全体を眺めてみましょう。

そしてモチベーション的にも、まずは、あなたの
好きな分野の教科から、とり組み始めるのが、良いと思います。

7月~9月

梅雨明けくらいから秋にかけ、ぜんたいを1巡できるよう
内容の理解や、暗記をスタートして行きましょう。

とはいえ、まだ完全でなくてもよく、2巡目以降に
『ああ、こういう内容あったな!』と思い出せるくらいで、大丈夫です。

10月~1月

秋も本番、肌寒くなり始めたら、いよいスパートをかけましょう。
暗記も、本気であたまに入れるつもりで。

また11月以降は、模擬試験などで、合格ラインとの距離を把握したり
本番とおなじ条件で、時間配分を知る事も、行っていきましょう。

ここからは完全に受験生モード、クリスマスやお正月は返上と思い、
そのぶんの楽しみは、合格したよろこびとともに、とっておきましょう!

学校の比較について

学校も通信講座も、様々なプランがあり、
条件合わせや、比較はかならず必要です。

インターネットでも調べられますが、1ページごとしか見られず
手もとに紙のパンフレットがあった方が、見比べやすいです。

以下のサイトでは、希望の学校・講座パンフレットを
一括で取り寄せられるので、利用すると便利です(すべて無料)

【スタディサプリ進路】

トップページから、カテゴリー「専門学校」

職種「福祉,社会福祉士」などと入れて、絞って行くと、たどりつけます。

ゴロ合わせBOOK

歴史の授業で「794(なくよ)ウグイス平安京」など、
ゴロ合わせで覚えた経験も、あるのではないでしょうか。
その社会福祉士版(全教科)です。

「1963年・老人福祉法→法律つくって、ご苦労さん(963)」といったように
イラストつきで、楽しみつつ記憶できます。

出版年は古いですが、何年たっても、変わらずおぼえる内容が多数。
いまでは、値段もほぼ数百円なので

分厚い教科書を、ちょっと遠ざけたいとき、
全体をサクッと網羅したいとき、併用もおすすめです。

まとめ

(2・3月)→どのような手段で勉強するか決定
(4・5・6月)→好きな分野を中心に、取り組み開始
(7・8・9・10月)→全体の1巡を目指し、暗記もすすめる
(11・12・1月)→完全受験モード、頭に定着させる

以上が、社会福祉士試験の、スタートと、配分になります。
とくに仕事のかたわら、勉強される場合
最後の3カ月は、かなり大変になるかとは思いますが

合格後は大きな達成感にくわえ、生涯にわたって
社会福祉士の肩書を得ることが、出来ます。

いま新たなステップアップを、検討されるあなたが
より良き道を歩めますよう、心より応援しています。

ここまでお読みいただき、ありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました