プログラミングに挫折しそうなあなたへ、脱出法を現役が解説!

こんにちは、ハラッパと申します。

かつてYouTubeにてホリエモン

「今の時代さあ・・
プログラミングやる人、超めぐまれてるよ。
ぶっちゃけ、そんなに難しい物じゃないし
なんで、みんなやらないのかなあ?」

そんな言葉に背中を押され、僕も学びはじめました。
が、しかし・・

一生懸命に書いたコードは、わずかな手違いで
動いてくれないことは、日常茶飯事

バグが見つからない、進まない、
何時間もがんばって、格闘して
「え、きょうできたの、これだけ?」

正直、挫折しない人の方が
少ないという気さえ、してしまいます。

この記事では、プログラミングに挫折・・
あるいは、今にも挫折しそうな方へ向け
以下のような内容となっています。

・ふたたびモチベーションを得るには?
・挫折からの脱出法3つ

なお、このお話をする僕自身ですが
独学や勉強会など、挫折や再チャレンジを繰り返し
現在は、ITエンジニアの仲間と、起業しています。

プログラミングを学ぶのに、様々な遠回りをしましたが
逆に、広い視点で、お伝えできるかと思います。

プログラミングはモチベーションが最重要

きょうはカフェで、がんばろう!
パソコンを開いて、立ち上げて

でも、なんか始める気になれない・・
あ、このニュースなんだろう
あ、Twitterでもチェックしようかな

と、なるパターン、多くないでしょうか。

正直、プログラミングは、簡単ではないと思います。

ホリエモンの『難しくないじゃん』の言葉は、
もちろん、才能も、あるのかもしれませんが・・
『このくらいの努力は、当たり前』という、圧倒的な作業量
『ぜったい成功する』という、鉄の意志が、前提にあると感じます。

その上で、やはりプログラミングは
モチベーションがなければ、なかなか続かないです。

今いちど、目標を確認

すでに、もう明確という方は
この項は、読み飛ばしてしまってください

ただ、そうでない場合
目標はあっても

『収入のため』
『手に職つけられるから』

そのように、抽象的であれば

どうか、いまいちど業界をリサーチし、
本当に、やりたい事を、明確にしてみてください

あなたが、作りたいものは?

あると便利なもの?
楽しくなるもの?
困りごとを解決するもの?
商品を売る仕組み?

いろいろ、あります
そして具体的には

スマホアプリ?ゲーム?
WEBサイト?ロボット? 
新しいシステム?AI? 

かんたんに、例を挙げただけでも
これだけの違いが。

それが、あいまいなままでは、この先も続きません。

よほど
成功者になる!
プログラミングが大好き!

という、強い気持ちが、あるのでなければ・・

あらためて、やりたい方向を明確にして
モチベーションを、再構築しましょう。

プログラミング挫折の脱出法3選

①【勉強会への参加】

たとえ現役のITエンジニアであっても
1人では、なかなかモチベーションが続かない

そうした悩みは共通でして
コワーキングスペースや、オフィスを会場に

みんなで作業しましょう、という勉強会
数多く、開かれています。

『みんなでやる』というのは、同じ作業なのに
やる気が、まったく違うものでして

そのうえ、行き詰ったときに
質問できる点も、ほんとうに大きいです。

僕も東京で、いくつもの勉強会に、参加しましたが
初参加でも、どこも親身に、受け入れて頂きました。

1日の参加費は、2~3千円か、それより安いところも

よく“もくもく会”の名称でも、呼ばれます。
あなたが勉強中の言語や、カテゴリーに合わせ

“Wordpressもくもく会”
“Rubyもくもく会”

などと検索すると、見つかると思います。

新たにエンジニア・プログラマー同士の
つながりも出来るので、おすすめです。

ただ、開催の頻度は、多くても月に数回

それぞれの方にも、進めたい作業もありますので
ずっと、質問し続けというわけにも、いきません。

基本はじぶんで勉強を続け、
折に触れて参加し、モチベーション向上に
つなげる形が、よいと思います。

②【資格を目標に】

英語の学習でいえば、TOEICや英検のように
いつまでに試験があり、はっきりと結果が出るというのは

モチベーションも、大きく上がるもの。
僕もRuby技術者認定試験にて資格を、取りましたが

受験料も時間も、無駄にしたくないので
かなり、自身を追い込むことができました。

ただ一点、留意していただきたい点としまして
あなたが今、業務未経験で、ITエンジニアを目指す場合

どの資格も、アドバンテージにはなりますが
それだけで『有利!』という
決定打には、なりません。

実際の仕事となると、こうした勉強とは
かなり違うものでして

『実際にこういうものを作りました!』
といった、ポートフォリオ(作品)

『こんな課題を、こんな風に解決しました』
といった実績の方が、ずっと有力という現実もあります

少し厳しいようですが、資格の肩書は
過信しすぎないように、注意した方がよいと感じます。

ただ教養として、身につけたい場合や
モチベーションの、取っ掛かりとしては、

素晴らしいキッカケになると思います。

③【プログラミングスクール】

手に職をつけたい場合
やはり専門家による、カリキュラムで

一定のスキル基準や、自作の作品も創作したり。
スクールのブランドで、職の斡旋や、

業界の情報を得る方が、得策かと思います。

独学から、その基準へ到達するのは、そうとうな苦労を経る必要があり
最善手としては、プログラミングスクールも、選択肢となってくると思います。

なお年齢について

スクールによっては、20代のみが対象も、多いですが
30~40才でも、幅ひろく受け入れているという学校も。

当ブログでは、以下の記事にて、詳細を解説していますので
よければ、参考にされてください。

≫【脱・失敗】初心者からのプログラミングスクール

また、げんざい資金の捻出はきびしい方は、
無料のプログラミングスクールについて

利用の条件や、注意点もふくめ、下記で解説しています。
ご興味があれば、あわせてご覧ください。

≫おすすめの無料プログラミングスクールと、注意点を現役が解説!

やはり1人で何時間も「えー、これはどういうこと?」
と悩み続ける時間は、もったいなく

「ああ、これですね。ここが〇〇になっているから、〇〇すれば・・」と
わずかな時間で聞いて、先に進めるのは大きいです。

まとめ

世間一般、たいていの人は、どんなサービスも

便利/不便
面白い/つまらない

と評価する、ユーザー側でいるのがほとんどです。
しかし、世の中を大きく変えるのは、いつも作り手の人達です。

プログラミングのスキルを磨くのは、簡単ではないですが
作り手側になるというのは、あなたの未来を、大きく変えると思います。

「だれか便利なもの、作らないかな。」ではなく
「よし、自分(達)が、創ってみよう!」の側へ。

積み重ねた分だけ、収入や自由につながるのも
ITエンジニアや、プログラマーの素晴らしい一面。

あなたが、挫折や中断から脱出し、
また希望をもって、リスタートできますよう
心からお祈りしています。

ここまでお読みいただき、ありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました