【未経験】プログラミング言語Rubyの資格・攻略法

こんにちは。もともと社会福祉士で、文系プログラマーとなった、ハラッパです。

以前、独学からプログラミング言語Rubyの基礎資格を、取得しました。(Ruby技術者認定試験 Silver)

これから受験を考えている方も、また興味がある方も

「いったい、どんな勉強をしたら受かるの?」という部分は、気になりますよね。

特別スクール等に通ったりせず、正しい方法で学習すれば、

まったくのプログラミング初心者でも、合格可能というのが体感でした。

この記事では経験をもとに“Ruby認定試験 Silver”の攻略法をお伝えします。

当日テストは、個々にPCが当てがわれるのですが・・

問題を解き終わり『試験終了』のボタンを押したなら、その場で合否が画面に。

この瞬間は、思わずマウスを持つ手も、緊張で震えます。

しかし、この記事で示す方法に沿って取り組めば、当日も自信たっぷりに

終了後は、よろこびと開放感にひたって、会場を出ることができると思います。

合格後は資格証や、ロゴシールが自宅へ郵送され、達成感を得られますので、

ぜひ、最後までお読みいただければ、幸いです。

最終的にやりとげる参考書は、1冊

最終的に攻略する参考書は、この公式ガイドブックだけで大丈夫です。

出版年数やバージョンが古いので、不安に思われるかも知れませんが、

9割以上、今でも通用します。

ほかの参考書も多数あり、僕も最初はいろいろ、目移りしてしまいましたが

合格を一直線に目指すなら、あれこれ手を出さない方が良いと思います。

あるていどプログラミングに慣れていたり、他言語を習得されている方は、いきなりこれに取り組めばOKです。

ただ、僕のように「関数ってなに?ええっと、クラスって?」と、

超初心者からスタートの方は、いきなり読み始めると、挫折する確率が高いと思われます。

プログラミング未経験の方は、以下の方法で理解を進めた後に、

この本に取り組むことを、お勧めします。

たった2日でできるRuby(参考書)

初心者にとって、とても分かりやすく、解説されています。

プログラミングは、謎の横文字オンパレード

「やった、動いた!」という達成感まで

みちのりが遠いのが、挫折への落とし穴です。

この本は、自分のPCで少しずつ、手を動かしながら、基礎を理解していける内容になっています。

適度に例題も載せられているので、解きながら・・またコードを入力してみて「ほんとうだ、プログラム動いた!」という達成感を味わいながら、読み進めていけます。

プロゲート(WEB学習)

こちらから、該当ページへ行けます。

Rubyのみならず、ほかの言語も多数、Webで基礎から学べます。

ユーザーのレベルに応じ、取り組めるうえ、1レッスンが、程よい長さで区切られています。

無料で、スマホでもPCでも好きな時間に、自分のペースで勉強できる、素晴らしいツールです。

公式ガイドの攻略法

さて、基礎を理解したところで、公式ガイドに取り組みましょう。

大別すると、Rubyの解説と、巻末の模擬問題に分かれています。「解説を読む←→模擬問題を少しずつ進める」のくり返しが、良いと思います。

ちょうど問題数が50問×2セットあるので「きょうは○問進めよう!」と、まいにちルーティーン化すると、達成度もあり、勉強に張りが出ると思います。

またコツとして、この試験では用語や「メソッド(PCへの命令)」を、たくさん暗記する必要があります。

丸覚えは大変。そこで「こじつけイメージ戦法」を使うことをお勧めします。

たとえばrubyには、文字列を、最初の1箇所だけ置き換える「sub(サブ)」という、メソッドがあります。もし下のような文字列があった場合・・

①string = “ruby ruby ruby”
②puts string.sub(/ruby/, ‘harappa’) ←文字列に『ruby』という文字があったら、最初の一箇所だけ『harappa』という文字に変えなさい

出力される結果→③harappa ruby ruby

という風にするメソッドです。「こういうの、どうやって記憶したらいいの?」と、取っかかりが無いですよね。

「1192(いいくに)作ろう鎌倉幕府」といった、語呂合わせも、ないです。

そこで・・内容は、何でもいいのですが

サブ→サーブ(バレーボールの)と、適当に、語感のちかい言葉を連想。

サーブを打って、並んでいる白いボールの最初の1つに、

赤色の違うボールを命中させ、弾き飛ばしてしまう。

そんな絵を思い浮かべます。

こうして文字で書くと、長いのですが、脳内でイメージすれば一瞬。

イメージと共に「sub=サーブ」と覚えましょう。

また、名前も効果も、subと紛らわしいメソッド「gsub(ジーサブ)」というものがあります。

これは、こちらが指定した文字にマッチするものを、すべて置き換えてしまうという効果があります。

①string = “ruby ruby ruby”
②puts string.gsub(/ruby/, ‘harappa’)  ←文字列に『ruby』という文字があったら、ぜんぶ『harappa』という文字に変えなさい

出力される結果→③harappa harappa harappa

g→爺、「爺サーブ」と連想。お爺さんがサーブをして、すべてのボールに命中

弾いて、ちがうボールにしてしまう、そんなイメージです。

最初、ダジャレやイメージを考えるのには、少し時間がかかります。

しかし、ひたすら単純な暗記より、考えていて楽しいですし、

いちどハマれば、圧倒的に記憶に定着します。

以下は、自分が他のメソッドでイメージした連想例です。

fetchメソッド→登録されている値を、取り出すメソッド。→フェチが、好きなものを取り出してる。

popメソッド→ 配列の末尾の要素を取り出す→“ダイの大冒険”のポップが、最後列のモンスターを倒してる

漫画“ダイの大冒険”より

また、最初は分かりにくい、数々の横文字ですが

『クラス→設計図』『モジュール→部品』といたように、自分の理解しやすい言葉に、

勝手に、置き換えてしまいましょう。

参考書にも、どんどん自分流の書き込みをして行った方が、良いです。

プロも、すべてを暗記しているのか?

プログラミングで仕事経験がない方は、もしかしたら、このように思うかも知れません。

将来も本格的にやるなら、超ぶ厚い辞書のような量を、まるまる記憶しなければいけないのか?

実際は、そんな事はありません。

本にしろ、ネットにしろ「○○をしたい時は、確か○○を見れば、載っていたな」というのを、

おぼえているといった、感じです。

ただ、このRuby技術者認定試験においては、テスト中、すべての物が閲覧できません。

公式ガイドの内容は、暗記しておく必要があります。

ぜひ、上記の「こじつけイメージ戦法」なども、役立ててください。

まとめ

以上、Ruby技術者認定試験・silverの攻略法についてmお伝えしました。

この公式ガイドの内容さえ、覚えて理解し、巻末の模擬問題を解けるレベルになれば

合格ラインは堅いです。おそらく試験時間も、余るくらいだと思います。

受験料は1万6千円超と、結構な金額(2020.6現在。学割もアリ)です。

時間もお金も、無駄にしないため、ぜひ1発で合格してしまいましょう。

皆さんのチャレンジを、心から応援しています。

ここまでお読みいただき、有り難うございました。

タイトルとURLをコピーしました