ホームヘルパーのお仕事内容とは?【社会福祉士が解説】

こんにちは、ハラッパと申します。
ヘルパー2級(旧)と、社会福祉士の資格を取得し
これまで訪問介護のケアプランも、5年ほど作成してきました。

しかし、ホームヘルパーというお仕事は、実際にふれてみないと

そもそも、何をするんだろう?

わかるようで、よく分からない

このように思われる方も、とても多いです。
そこで、この記事では

・実際どんなお仕事をするのか?
・メイドや家政婦と、なにがちがうのか?
・ケアマネージャーに、求められること

こうした点にフォーカスして、わかりやすく、解説させていただきます。

ホームヘルパーのお仕事内容

まず仕事の現場ですが、基本的に一般家庭を、訪問します。
また介護サービスを提供していない、サービス付き高齢者住宅へも、
住まいとみなし、支援におもむくケースがあります。

家事の支援

全体的には、お掃除を行うケースが、とても多いです。
このほか洗濯、買い物(付き添い/代行)、料理、お食事の準備(配膳)などを行います。

ちなみに調理は、自信がないと思われる方も、多いかもしれませんが
(僕もそうでした)採用の際、事業所に告げておけば
そうした支援のないサービスを、割り当ててもらえます。

メイドや家政婦とのちがい

どの支援も全ては、利用者の負担を減らし、より良き生活を送るため。
楽ができ、喜んでもらうためではないので、ご本人が出来る部分は、
むしろ率先して、行って頂きます。

例えば、足腰が悪い利用者が、いらっしゃった場合
掃除機がけや、トイレ・お風呂の掃除は困難です。

そうした部分はヘルパーが行い、しかしテーブルやキッチンの上は
お1人で可能という事であれば、身体の能力が衰えないためにも、利用者ご自身の手で。

健康や生活に、支障がないレベルの、衛生を保つことが目的なので
車の洗車、ペットのお世話、お庭の草むしりなども、行いません。

介護(身体援助)

こちらは、まさに介護のお仕事となります。要支援の、比較的お元気な方でなく
要介護の、生活上の動作が、困難な方が、対象となります。

具体的には、食事、トイレ(寝たきりであればオムツ交換)、入浴、自宅内の移動、ベッド上での姿勢変え、などをサポートします。

また全体的には少なめですが、通院のサポートという支援もあり、
病院への移動介助や、受診の手続きを行うといった、ケースもあります。

ケアマネージャーが求めること

上記のように、家事や介護を行うのが、ホームヘルパーですが、
もう1つ・・利用者を観察し、様子を知らせる、重要な役割があります。

ケアマネージャーは、緊急性や大きな変化がない限り
利用者を訪ねるのは、1ヶ月・・あるいは数ヶ月に1度。

その間、もっとも利用者を、身近に知るのは
ホームヘルパーということになります。

あれ?なんか最近、急に痩せられたような・・

話していると、日時の感覚に違和感が・・

僕自身も過去、そうした報告のおかげで

深刻な病気の予兆を察知し、防ぐことができたり
認知症の症状があることに、気づけたケースがありました。

もちろん、監視をするということでなく
何気ない会話や、自宅の様子などからですが・・

変化や違和感を、感じられた場合には
小さな気づきであっても、必ず報告して行きます。

職場探しの方法

いま、明確な事業所や、ツテがない状況であれば
転職の仲介サービスを利用するのが有益です。

アルバイトから正職員まで、紹介している求人が豊富であること、
無料で資格取得や、就職お祝い金などを、実施しているサイトも。

もし、ご興味のある方は、以下のページでご紹介していますので
良ければ合わせて、ぜひご覧ください。

≫介護の転職エージェントおすすめ!社会福祉士が紹介

まとめ

ホームヘルパーは基本、1人で支援を行う、お仕事ですが
つねにヘルパー事業所や、ケアマネージャーと、繋がっていますので
何かあれば、いつでも相談や、指示を仰ぐことができます。

また登録制の時短では、直行直帰ができるスタイルも多く
スキマ時間で、働きやすいのが特徴です。

それでいて、介護福祉士への、実務経験に算定されるなど
未来への、積み重ねにすることも、できます。

何より、利用者さんから直接「ありがとう」と、感謝を頂くことが多く
そんな時、とても人の役に立てている実感が、湧くお仕事です。

たとえ働く地域は違っても、1人でも多くの方が
福祉のお仕事に関わっていただけたら、嬉しく思います。

ここまで、お読み頂き、ありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました