【最終手段も】仕事を辞められないときの脱出法を、具体的に解説! 

こんにちは、社会福祉士のハラッパと申します。

今あなたは、職場や人間関係のことで、悩みを抱えているでしょうか?
もし理不尽な状況があっても、まじめで気の優しい人ほど、

勤め先を辞めるのは、巨大なハードルです。

外の人間からは「無理なら、はやく辞めれば!」

「倒れるくらいなら、どうして逃げなかったの?」という忠告。

その気持ちも、とてもよく分かります。

しかし本人も“心の奥底で、分かっていても、

それが出来ない。とても、強力な理由があると思います。

かつて僕自身も、そうでした。だからこそ心情も、よく分かるつもりです。

どんな方であっても、心理的な縛りを乗り越え、

ほんとうの自分を取り戻す道は、必ず開けると思います。
この記事では、辞められない心理や、具体的な手段も、お話します。

ぜひ最後までお読み頂ければ、幸いです。

あなたは、ヒーローやヒロインが好き

スポーツ漫画で「みんな!力を合わせよう!!」という展開のとき。

もし「あ、オレ抜ける!」というキャラクターがいたら、どうでしょうか?

とてもカッコ悪いですよね。

もしヒーロー物で「みんなと一緒に戦う!」と言いながら、闘いの途中で1人だけ

逃げるキャラがいたら。きっと「○○って最悪!うらぎりといえば〇〇」という位置づけになります。

もちろん漫画もアニメも、自己啓発で見ていたわけでは、ないと思います。

でも、それら善悪の価値観は、強力に、あなたに根づいています。

ドラゴンボールの孫悟空も、セーラームーンプリキュアも、

どんなに敵が強くても、戦いを諦めないし、ぜったいに仲間を見捨てて逃げたりしませんよね。
だからこそ憧れるし、カッコいいです。

そして、あなたも・・面接のとき「御社のために、尽くします!」と、宣言したと思います。

みんな来月も、来年も。ずっと頑張り続けているのに。じぶんだけ逃げられないし、裏切れない。

お世話になっている会社や上司を、困らせることは、とても出来ない。
そう感じるのは、当然だと思います。まじめで一生懸命な人ほど、尚更です。

じぶんで、じぶんを騙してしまう

かつて僕は「他人や社会に、いつも奉仕の心」という会社の理念を、素晴らしいと思っていました。
でも、まいかい社長推薦の本を読み、感想文を提出。何度も書き直しを、しなければいけなかったり・・
休日、本社の地元や社長宅の、掃除や草むしりのボランティアが、増え続け・・

辞めたいと、つい弱音をいってしまうと

「世のなか働けない人だっている。お前は幸せじゃないか?」

「みんな頑張ってる!すぐ諦める人間は、どこ行っても通用しないぞ?」

そう上司から、忠告がありました。

「みんな期待してる。お前は、それが分からないような、冷たい人間じゃないよな?」
そう言われ、心の温かい人間にならなきゃ、応えなければと思いました。
でも、いま考えれば「社会に奉仕したい!」「立派になりたい!」という、本当の信念があったわけでなく

「いい人に、思われたい!」「1人前に見られたい!」という、臆病心が本音だったと感じます。

以後・・「おかしいです!辞めたいです!」など後輩から相談されると、上司と同じ言葉をいって、引き留めて回っていました。(今では後悔しています、謝りたいです)
人の心は、ほんとうに難解ですね。

“本音から目をそらし、それを他人にまで説いて回る”という構図です。

もちろん先輩の意見は、正しい面もあります。

諦めないで続けること、周りに奉仕の心も、とても大事です。
“いい言葉”だけに、先輩からの受け売りを、自分の信条と思い込み、誇らしげに言っていました。

当時の自分では、認められないと思いますが 「辞めます」なんて言おうものなら

どんな目で見られるか。

お前にはガッカリ・・あんなに教えてあげたのに・・そんな風に思われるのが、何より怖い。
それが心のどこかに追いやった、本音でした。

本当の気持ちは?

まずは“いつもの場所を離れ、本当の心を紙に書き出す”ことを、強くおすすめします。

自分を騙している、ニセの信条ではなく、奥底の本音を、確かめないといけません。
「あの人、なに考えているか分からない」という事は、日常で結構あると思います。
ですが、そういう自身こそ、本当は“なにを考えているのか”

ぜんぜん、理解できていないことばかりです。

まず通勤の途中や、身近な場所は避け、できれば休日に
なるべく普段いかないお店や、遠方に行く事をお勧めします。
慣れ親しんだ、いつもの町は、いつもの価値観に覆われる世界だからです。

その中で考えを巡らしても、その世界での“あるべき善悪”に、

ついつい引きずられてしまいます。
もし時間があれば、どこかへ旅をして、

ゆっくり考えるのが良いと思います。

とにかく肩書きも、履歴も、年齢も、関係なく。

“ただの、1人の人間”となって本心を書き出しましょう。
「ただ紙に書くだけ?」そう思うかも知れませんが、

浮かんだことを吟味せず、はき出すと

きっと「え?自分って、こんなことを考えていたの?」と、驚くと思います。

誰にみられる心配もなく、提出する物でもありません。

遠慮なく、思うがままに書き出していきましょう。

きっと思考や状況が整理され、本当の自分が浮かび上がるはずです。

書き出し例

転職サービスの利用

基本的に、辞めるときは1人だけという状況が、多いと思います。
周りがみんな続けるベクトルの中、自分だけ違う方向というのは、心細いですよね。

転職サービスの人は、あなたの“転職の成功”が目的

よく話に耳を傾けて貰えますし、親身に応援してくれます。

「この先どうしましょう?」「こんな選択肢があります」

そうした話を、定期的に行うだけでも、将来への希望や、心持ちがぜんぜん違ってきます。
「あなたのスキルや実績なら、こういう選択も」「経験ないと、正直○○は厳しいですね」など、冷静な分析にもつながります。

当ブログにおいては、以下の記事で、有益な情報にも触れています。

よければ、ぜひ合わせてご覧ください。

≫【祝い金】転職エージェントと、仕事の選び方を解説【無料】

最後の手段・退職代行サービス

もし上司や会社が強圧的であったり、あなたの良心を揺さぶり、

強く引き留められる環境であれば、

迷わず利用してしまうのも1つ。

これは、とても申し訳ない話なのですが・・僕は過去、引き留める側の人間でもありました。

なだめたり、揺さぶったり・・阻止する方法(心理的に)は、沢山あります。

基本的にあれこれ長引かせ、決心を鈍らせるのが基本でした。

自分だけで無理な状況では、専門家を味方にして

悩みや苦痛から、はやく解放された方が良いです。

費用は数万円が相場ですが、代わりに会社へ連絡して貰え、交渉の代行も、お願いできます。

もし検討されたい方は、よければ以下も、合わせてご覧ください。

退職代行サービスのおすすめランキング!1位はここ

まとめ

【まじめなで心優しい人が、辞められない理由】
1.子供時代からの、善悪が強力に根付いている。
2.本音を押しやり、ちがう正義を当てはめ、自身を納得させてしまう。

【辞めるための具体的方法】
1.いちど離れ、本音を書き出して、正しく分析。
2.転職サービスを利用
3.退職代行サービスを利用

悩み続ける時間はとても、もったいないですし、

長引くほどハードルが上がり、

いっそ「続ける」と宣言した方が楽という状況に、なってしまいます。

しかし本心から望んでいないのに、身を削り続ければ、

心身とも本当に壊れてしまいます。

もし、すでにパワハラや威圧があるなど、

緊急事態の方は“収入が下がる”“経歴に傷が”など、

まったく考えなくて良く、すぐにでも離脱する道を、お勧めします。

急に職を無くしたとしても、日本の社会保障では、そうならないよう福祉制度があります。

失業保険をはじめ、ハローワークでは資格を学びながら、援助金が支給される制度もあります。

そして最後のセーフティーネットとして、誰でも自治体の福祉事務所を訪れ、

生活保護を申請する権利があります。

少なくとも日本では、身体や心が健やかに戻りさえすれば、

いくらでも再チャレンジの道はあるので、ご安心ください 。

皆さんが、本当のじぶんを取り戻せるよう、

そして自分や周りの大切な人と、幸せを目指せるよう、心から応援しています。

ここまで、お読み頂き、ありがとうございました!

タイトルとURLをコピーしました