退職代行サービスのおすすめランキング!1位はここ

あなたは今、とても辛い状況であるがゆえに
こちらに、辿り着かれたと思います。

この記事では

・あなたに寄りそい、信頼できる退職代行
・それぞれの特徴や留意点
・利用した方が良い方

以上について、お伝えしています。

なお、この記事を書く、僕自身は
退職代行の利用経験は、ありません。

しかし、そうしたサービスもない時代
どうしようも無くなり“逃亡”した経験があります。

あとあと非常に、苦労するハメになり
当時、この存在があれば、利用していたと思います。

また親友に、パワハラの悩みを相談され、最終的には
使って辞めた、一部始終も、間近で見ました。

過去、同じ経験をしたからこそ、“辞められない”心理も
その苦しさや孤独も、分かるつもりです。

この記事が、悩みや苦痛から解放される、切っ掛けとなり

あなたのリスタートを、後押しできましたら幸いです。

退職代行サービスのおすすめ1位

『退職代行サービスのNEXT』

♦概要
業界では、もっとも名が知れている先駆けで、豊楽法律事務所(弁護士事務所)が運営に携わる。利用者の立場に寄りそった、親身な相談が信条。

【料金】
30,000円 ※特別な法的対応などを頼まなければ、ほか一切かからず。

♦メリット
・必ず弁護士が対応。残業代、有休など、すべての交渉を代行してもらえる
・利用者はネクストとの電話やLINE、メールの手続きのみで、退職できる
・いままで、退職成功率は100%。万がいち失敗した場合も、返金保証あり

♦特徴 
・休日や深夜ふくめ24時間、相談の対応をしており、精神的に追いつめられているケースでも、メンタル面から、サポートしてもらえる

♦留意点 
・時間帯によっては電話が集中し、直ぐつながらなかった、事例がある。

≫【退職代行サービスのNEXT】公式ホームページ

退職代行サービスのおすすめランキング

退職代行NEXTが、おすすめというけれど・・

ちゃんと、ほかのサービスも知って、決めたいな

ハラッパ
ハラッパ

ぜったいに、失敗できない依頼です。とうぜん、そう思いますよね。この機会に是非、ほかのサービスも知りつつ、比較してみてください。以下おすすめの2位~5位を、ご紹介します。

女性の退職代行

♦概要
サービスの母体は、法的に認可された“労働組合”。創業15年以上の、女性の事情に寄り添ったサポートに特化した、退職代行サービス(※男性も利用可)

【料金】
①正社員・契約社員・派遣社員・内定辞退など:29,800円
②アルバイト・パート(社会保険未加入):19,800円
※ほか追加料金は、一切かからず。

♦メリット
女性特有の人間関係や、悩みに寄りそってもらえる
・日本退職代行協会の「特級認定」を取得しており、信頼性が高い
・これまで退職の成功率は100%。万がいち退職に失敗した場合、返金保証制度あり

♦特徴 
・労働組合が母体。月額3,300円で1年に2回まで、退職代行が利用できる、定額料金プラン『ヤメホー』がある。利用料金を、一括払いできない人などにも、利点がある。

♦留意点 
退職届の作成、保険に関する書類の提出、会社へ返却物の郵送などは、自分で作業する必要あり。弁護士が対応すると上記の権限もあり、代行が出来るが、母体が労働組合のため、こうした点については、自身で行う必要あり。

以上が女性の退職代行と、なります。

ここまでで、もしご興味を持った方は、以下のリンクをご覧ください。

≫【女性の退職代行『わたしNEXT』】公式ホームページ

男の退職代行

♦概要
男性の退職事情に特化した、代行サービス。今日・明日にでも、退職を進めたい急ぎのケースでも対応可能という、即応性を売りにしている。“労働組合”が運営母体。

【料金】
①正社員・契約社員・派遣社員・内定辞退など:29,800円
②アルバイト・パート(社会保険未加入):19,800円
※ほか追加料金は、一切かからず。

♦メリット
・男性特有の悩みに寄り添い、円満に退職するため、最適な方法も提案してもらえる
・日本退職代行協会の「特級認定」を取得しており、信頼性が高い
・『男の退職代行』が紹介する転職先に就職すると、お祝い金がもらえる制度あり

♦特徴 
・決済方法に「翌月後払い」があり、資金繰りの厳しい人にうれしい。また、転職のお祝い金を得ると、プラス・マイナス合わせて実質タダか、それ以上となる。

♦留意点
「翌月後払い」を選択すると、もしサービスの取消をしたい場合に、返金されない
女性は利用できない

以上が男の退職代行と、なります。

ここまでで、もしご興味を持った方は、以下のリンクをご覧ください。

≫【男の退職代行】公式ホームページ

退職代行ガーディアン

♦概要
東京労働組合(通称:TRK)が運営している。もともと労働組合の代表として、日ごろより悪質業者への、注意喚起などの業務も、行っている法人。

【基本料金】
29,800円 ※その他は、一切かからず。

♦メリット
・依頼後は、会社や上司への連絡も不要。
・退職届の提出や、会社からの貸与物の返却も、代行してもらえる
・就業規則で「〇か月まえに退職を申告すること」という規定があっても、対応可能

♦特徴 
・法的に、団体交渉権が認められている法人(有休や退職金の交渉も、代替が可能)

♦留意点
・弁護士ではないので、万が一、裁判となった場合は対応できない
・退職届けは上記とおなじ理由により、作成自体は自分で行う必要がある(公的書類なので)

以上が退職代行ガーディアンと、なります。

ここまでで、もしご興味を持った方は、以下のリンクをご覧ください。

≫【退職代行ガーディアン】公式ホームページ

reフレッシュ転職

♦概要
法律事務所と提携している、ベンチャー起業が運営。退職代行を行い、かつ次の就職先の斡旋も、お世話してもらえる。

【料金】
30,000円※ほか追加料金は、一切かからず。

♦メリット
弁護士が対応するので、退職金の交渉、有給の消化なども代行してもらえる
・会社への連絡なども代行して貰え、出社なしの引継ぎ、私物の引き取りも可能
紹介される転職先に就職すると、お祝い金がもらえる

♦特徴 
退職→転職まで、総合的にサポートしている。また学歴や経歴に、自信のない人でもOKという点を、信条としている。

♦留意点
転職は20代に特化。それ以上でも利用は可能ながら、採用の確率は低くなる
・問い合わせ後に、面談が必要なので、利用のスピード感は、やや劣る
・どのような職を斡旋しているか、求人先は公開されていない

以上がreフレッシュ転職と、なります。

ここまでで、もしご興味を持った方は、以下のリンクをご覧ください。

≫【reフレッシュ転職】公式ホームページ

そもそも退職代行サービスとは

どのような仕事の会社であれ、本来、労働者は辞める権利があります。しかし・・

辞めないよう、圧力をかけられている

上司に言いだす、勇気がない

こうした悩みは、とても多い現状があります。そこで、労働者に代わって
退職の処理を、行ってくれるサービスが誕生しました。

2018年ごろから、TVなどでも取り上げられ、注目され始めました。
当初は料金5万円ほどが、相場でしたが、サービスが増えたことで

価格競争が起こり、2021年現在では、3万円ほどが平均となっています。

退職代行サービスを使うべき人

♦上司との人間関係に悩み
つうじょう退職するには、ちょくせつ上司に、知らせる必要があります。
しかし告げる勇気が出ない場合、なかなか1人では、壁が超えられません。

♦パワハラ・セクハラを受けている
上記より、さらに緊急性が高いケースです。退職代行は、
お悩み相談の側面もあり、サポートを受けつつ
メンタルや身体が壊れてしまわないうちに、対応を委ねた方が良いです。

♦引き留めをふり払えない
とくに人手不足の職場などで『キミが抜けたら、みんな困る』など、
正義感に訴えかけられると、真面目でやさしい人ほど、拒否しにくいものです。

選択にまよった場合はこちら

サービス選びに迷った際は、退職代行NEXTを選んでおくと、間違いないです。
業界の先駆けで経験豊富、弁護士が対応、親身な相談と
三拍子そろっており、値段とのバランスが、秀逸です。

ここまでで、もしご興味を持った方は、以下のリンクをご覧ください。

≫【退職代行サービスのNEXT】公式ホームページ

まとめ

もともと退職は、じぶんで手続きすれば、タダで行えるもの。
わざわざ費用を払って?・・と、考える方もいます。

しかし壁となって、辞められない方にとっては
悩むほど、未来のために費やす時間や、学びの機会をも、失ってしまいます。

また、メンタルが追いつめられている状況では、精神も身体も
もし壊れてしまえば、取り返しが付きません。

それらと天秤にかければ、費用などの点でも、惜しくはないと感じます。

この記事では、あなたへ、1つの選択肢を、お伝えしました。
どのような方法を選ぶにしても、大切な未来を取り戻す、ヒントとなれば幸いです。

ここまでお読みいただき、ありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました