【初心者】プログラミングで稼げる年齢は?現場の本音とリアルを解説

プログラミングで、手に職をつけたいな

とっくに30も超えてしまった、もう遅いかな?


若くないと、これからITエンジニアになるのはムリ。
世の中、こうした情報も多く聞かれます。

この記事を書く僕は、もともと福祉職で、
30代から、プログラミングを習得しました。

なにも知らずに飛びこんで、大失敗したり
紆余曲折もありましたが、いまでは仲間と起業しています。

そこで、今回

じっさいに、ハンデは生じるのか?
将来かせぐには、どうすればいいのか?

こうした点について、実体験からの知見にて、お話させて頂きます。

30代以降に立ちはだかる壁

いまは世の中、ITエンジニアは、引く手あまた。
とはいえ、じっさいの所、やはり若手とくらべて

ハンデというのは、実在します。

企業の目線からすると、以下のようなイメージで、みられがちです。

採用担当1
採用担当1

若手とコミュニケーションが、上手く行くかな?

エンジニアは、ずっと1人でPCと向き合うと、思われがちですが
実際はチームで、連携し合うケースがほとんどです。

たがいに遠慮なく、話し合えるか?もし20代がリーダーでも
やりにくくないか?そうした点を、気にされがちです。

採用担当2
採用担当2

価値観がかたまって、頑固ではないだろうか?

プログラミングは、柔軟さが不可欠なスキル。
ああしようか、こうした方が?・・と、つねに試行錯誤です。

あるていど年齢をかさねていると『これが僕のやり方だから!』と
固定観念があるかもしれないと、イメージされることもあります。

採用担当3
採用担当3

体力的には、ついて来てくれるかな?

職種によっては、完成の期限が、せまっていたり
不具合と格闘し続けるなど、とても追い込まれます。

実際は、こうしたケースを乗り越え、成長があるのですが・・
かんじんな時に、体力面は大丈夫かを、心配されることがあります。

なお、現実をみますと、20代でも、ガンコな人はガンコですし
40代でも元気いっぱい。革新的な考えの人も、大勢います。

しかし一般的に、上記のイメージは、有りがちでして
こうした点を、いかに超えられるかが、鍵をにぎります。

後半では、その方法などについても、具体的に解説させていただきます。

フリーランスという道

日本のフリーランス協会が、発表している白書によれば
IT・クリエイティブ系の、フリーランスで働いている人は

40~50代が、ぜんたいの半数以上。
ぎゃくに20代は、少ない傾向があります。

ただフリーと言っても、受注する仕事は様々でして

企業が発注する、大規模な案件から
個人レベルで頼むものまで、さまざま。

なお企業の案件は、報酬が高いのですが、雇われる際とおなじく
30代をピークに、40代以降は参加が、制限されやすい傾向が。

ただし、ここら辺はスキルや、実績次第でも、あります。

ニーズの高い技術を習得して、自身の付加価値を高めていたり
人脈を築いていれば、良い仕事を受けられる幅は、グンと広まります。

すえ長く仕事を受注し、稼いで行き続けるためには
そのために、土台づくりをしているかどうかが、将来の鍵をにぎります。

これから目指す人への朗報

経済産業省の発表によれば、2030年には
IT系の人材は、80万人ちかく不足する
との予想。

しだいに仕事の発注側も、ただ年齢にこだわっては
いられなくなる未来が、やってくるかと思います。

そのときに、しっかりとスキルや、人脈を築いていれば、
高単価の案件にも携われ、大幅な年収アップも視野に入ります。

ただ・・勉強で学ぶプログラミングと、仕事で打つコードは
まったく別物です。

じっさいの仕事を通してでしか、業務で通じるスキルは体得できないので
できれば30代までには、企業で実務経験を、積みたいところです。

雇用されれば収入が安定しますし、働きつつ・・
副業としてクラウドソーシングなどで、シンプルな案件を受注して行き

「私はこれまで〇件、案件を受注しました」

といった実績や、依頼主1人1人、丁寧に対応して

お客さん
お客さん

とても親身な方でした。またお願いしたいです!

・・といったような“あなたの”信頼を、つみ重ねていけば
いずれ本格的に独立したときに、大きく活きます。

これらは、一朝一夕で、作れるものではないので

カンタンな案件からでも、早めに手がけていくと
生涯にわたって、収入と自由を得る、足がかりとなります。

プログラミングで手に職をつけるには?

もし、今あなたに、IT業界へのツテがあれば
その縁をもって、まずは実務経験を積むことを、おススメします。

しかし、そうでなければ、プログラミングスクールに通うなどして
スキルを身に着けつつ、転職のサポートを得る方法が、最善かと思います。

スクールによっては、20代のみが対象という所も、ありますが
30~40才でも、幅ひろく受け入れている教室も。

当ブログでは、以下の記事にて、詳細を解説していますので
もし、ぜひ参考にされてください。

≫おすすめプログラミングスクールを比較!資格所有者が解説

また、げんざい資金の捻出はきびしい方は、
無料のプログラミングスクールについて

利用の条件や、注意点もふくめ、下記で解説しています。
ご興味があれば、あわせてご覧ください。

≫おすすめの無料プログラミングスクールと、注意点を現役が解説!

まとめ

ぼくは、もともと福祉職でしたが、
収入と将来の自由をもとめ、プログラミングを習得しました。

ITエンジニアは、引く手あまたですので、高収入も夢ではない職業です。

もし、いまあなたが、何才であったとしても。

本気で目指しつつ、スキルや人脈を得れば、手に職をつけることが可能です。

そのために、この記事が、1つのヒントとなっていたら、幸いです。

ここまでお読みいただき、ありがとうございました!

タイトルとURLをコピーしました