【未経験】IT業界への転職、資格の取得は効果的?意味がない?

給与が高く、ニーズも引く手あまた
スキル次第では、フリーランスの道も目指せる
IT業界。

いま、あなたも転職を目指し
やるべきことを、模索されていると思います。

この記事では

・資格があると有利なケース
・取得していても、効果が薄いケース
・採用側が、欲しがる人材

こうした点にフォーカスし、書かせて頂いています。
資格の一覧や、紹介については、触れていませんので
ご了承ください。

なお、この記事をかく僕ですが
30代・未経験から、プログラミングの資格を取得。
実際に、アルバイト・正社員とも就活を行いました。
現在は、ITエンジニア仲間と起業しています。

成功や失敗、さんざん遠回りしてしまいましたが
そのぶん、広くリアルな視点で、お伝えできると思います。

強力なアドバンテージとなるケース

関連の資格を取得すると、大きく効果的なのは

①採用の基準に明記されている
②アルバイト職の場合

上記の2点となります。

①は、とくにインフラ領域を手がける
ITエンジニア職で、多いのですが

見合った資格の、肩書きを得ていると
とうぜん、重要視されます。

しかし中途採用のケースにおいて
新卒や若手と、競わなければならない場合
プラス実務経験が無いと、厳しいこともあります。

②の、アルバイトのプログラマー求人に応募する際も
資格は重要視されます。

僕自身、色々な求人に、歓迎された経験があります。

バイト職の特徴は、わりと勤務形態が自由で
かつ、専門性の高くない作業を
担当することが多いです。

先輩が教える際も、基礎が分かっていると
とても話も早く、即戦力に近いので、ありがたく思われます。

自身のペースで、コードを打ち
好きなときに、コーヒーを飲み・・

自由で良い環境の、アルバイトでしたが
プログラミングスキルの成長や、実績面では
伸びが少ないという一面は、否めません。

また時給は、他のバイト職より高めですが

全体的な収入は、正職に遠く及ばないケースがほとんどです。

資格だけでは通用しないケース

率直なところ、とくに中途採用において、
IT業界で最重視されるのは、実務経験。

①正職員として、ITエンジニアを目指したい
②採用条件に、資格の推奨がない

上記の場合、資格を取得しているというだけでは
正直、あまり決定打にはなりません。

もちろん一定の基礎知識や、熱意の証明にはなります。
しかしプラスα、いったい何かあるのか・・といった面こそ、注視されます。

具体的には

・実際に、どんなプログラムを作れるのか?
・上記をどうやって、作ったのか?

そうした事実の方が、はるかに注視されます。

僕自身も過去、資格の肩書きは、コーダーのアルバイトでは歓迎されましたが
正職員の選考においては、それだけでは、まるで通用せず
ほぼ書類選考の時点で、アウトでした。

やはり、本格的にプロとなる道は、決して甘くありませんでした。

たとえば資格だけでは・・というイメージとして、あなたが家を建てたいと思った時

①建築学校を出たばかりの新人/資格はあるが経験なし
②「建築士です、〇〇マンションを設計しました」

どちらの人に、依頼したいと思うでしょうか?

また別のイメージで・・もしマッサージ店の、オーナーが、新たな人を雇うとき

①「資格は持っていますが、まだ実際にやったコトはありません」
②「7年ほど〇〇整体院で、働いていました」

どちらを採用したいと、思うでしょうか?
考えてみると当然なのですが・・なかなか、実感しにくいものですね。

正職員の中途採用においては、資格だけでは、キビシイ現実があります。

採用の決定打になるものは?

【若さ】

もし今、あなたが新卒か、20代前半であり

そして、本気でプログラミングで、手に職をつけたい意思があれば。

もし未経験であっても、若さは、強力な武器になります。

「将来の成長性」を注目され、もし未経験から、正職員への応募であったとしても

企業によっては、1から学ぶ環境を用意したうえで

採用されるケースも、少なくありません。

【作品・問題解決能力】

作品は通称、ポートフォリオと呼ばれ

実力を測る、おおきな指標となります。

ホームページ、アプリ、ゲーム、独自プログラム・・

なんであれ、あなたが完成させたプログラムは、立派な作品です。

また、それらを作り上げた過程、とくに失敗談・・

「あれ?うまくいかない!」「うわ、すごく効率悪いことしてた!」

となった部分こそが、むしろ重要です。

・そこから、どう対処したのか?

どう変えていったのか?

この一連が、とてつもなく大事でして

IT業界の仕事は、いずれも試行錯誤の連続なので、

問題解決の資質が、見られるからです。

正直、壁にぶつかっているときは、シンドイです。

しかし、試行錯誤で苦しい思いも、地道なくり返しも、

就活時においては、その経験を、大きなアピールへと変換できます。

プログラミングスクールについて

「若さ」以外の、要素・・採用者の目をひく、作品やスキル。

これは独学でも、不可能ではないと思いますが、
正直1人だけでは、そうとうハードだと感じます。

具体的には、情報の多さに、迷子になってしまったり

行き詰まった際、多くの方が、モチベーションが続かないといったコトがあり

それが、様々なプログラミングスクールが、存在する理由でもあります。

もし、そうした選択肢も視野に入れる方は、以下の記事において、詳細を解説しています。

≫初心者からのプログラミングスクール【脱失敗】

また、げんざい資金の捻出などが、きびしい方は
無料のプログラミングスクールについて

利用の条件や、注意点もふくめ、下記で解説しています。
ご興味があれば、あわせてご覧ください。

≫おすすめの無料プログラミングスクールと、注意点を現役が解説!

まとめ(IT業界への転職と資格)

【資格が効果的】
・採用基準に明記されている
・アルバイト職の場合

【資格だけでは通用しない】
・未経験かつ、20代後半以降
・正職員の求人で、資格が推奨されていない

【採用を左右する決定打】
・作品(ポートフォリオ)と、問題解決能力
・実務経験

以上、過去に僕自身が体験し、リサーチした内容をもとに、

書かせていただきました。

なお資格という目標があると、モチベーションがあがりますし、

肩書を得られると、うれしいです。

そして同じ試験をパスしてきた知り合いと、話も、盛り上がったりします。

しかし、とうぜん合格までには、多大な時間と労力が必要です。

プログラミングで、手に職をつけ、稼ぐのが最優先という方は

貴重な勉強時間を、なんとなくの資格習得ではなく、

実際の就職を見越した、スキル習得に振り向けた方が、はるかに近道だと感じます。

いま、あなたが先々の方向を模索中でしたら

この記事が、1つのヒントとなれば、嬉しいです。

ここまでお読みいただき、ありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました