文系はプログラミング習得で不利になるのか?現役が解説

こんにちは、文系プログラマーのハラッパ(本名:原田幸大)と申します。

いま日本では、プログラミングのスキルが、大きく求められています。
ITエンジニアやプログラマーは、引くてあまた。

先々にかけて、必要とされ続けるスキルなので、

収入を伸ばしたい方、手に職をつけたい方は、興味が湧きますよね。

とはいえGoogleで「文系 プログラミング 無理」というワードで検索すると、たくさんヒットします。

「数学なんて苦手」「人間味のない、機械的なものは嫌だ」という想いや
「文系にはハードルが高い」「やっても挫折するのでは」という心配も、多く聞きます。

今回は自身の体験から・・

文系人間のプログラミング学習で、立ちはだかる壁は?
・逆に文系だからこその、メリット等はないの?

こうした疑問に関して、お伝えして行きたいと思います。
後半では上記に関連して、もし実際に、プログラミングで手に職をつけたい場合

どんな手段や道が良いかについても、書かせて頂きました。
ぜひ、お読み頂ければ、幸いです 。

文系人間でも、プログラミングは身につくか

最初に、結論からお伝えすると、文系でもプログラミングを学ぶのは、可能です。

まずは実際に僕自身、根っからの文系ながら、ずっとプログラミングを続けられていること、
また知人にも、エンジニアチームの要として、バリバリ稼いでいる文系がいます。

正直ずっとパソコンは苦手で、世の中がIT化して、新しい技術に染まっていく事を

機械的で嫌だと思ってきた位でした。

しかし今は、ずっとプログラミングに取り組み続け、資格も取りました。

まずは、そのモチベーションがなぜ続いたのかについて、お話したいと思います。

プログラミングはクリエイティブ

過去、プログラマーやエンジニアというのは、パソコンを前に、ずっとカタカタ・・

とても機械的な仕事をやり続けるイメージが、ありました。

しかし実際は依頼主や、大勢のユーザーのことを考え、つねに対話し続けるもので

楽しさや驚きを感じて貰ったり、機能美を喜ばれたり。

じつはとてもセクシーで、クリエイティブなスキルだと分かりました。

こんな風にしたら、とても楽になるのに。こんなモノがあったら、とてもユニークだな。
そんな創造性を秘めています。

様々なことを日々、追求していくのは、試行錯誤し続けて行く、モチベーションになりました。

文系に、立ちはだかりやすい壁

良い面ばかり、焦点を当てても建前になってしまうので

抵抗を感じやすいと、思われる点についても、お話します。

プログラミングに取り組む前に、ぜひ記憶の片隅に置いて頂きたいのが
【人間みたいに察してくれないし、とても不器用】だという事実です。

ほぼ同じ内容なのに・・ミスタッチで一つだけ変な記号が入ってしまった、

少し順序が違ってしまった。

人間なら「ほら、それくらい全体の文脈で・・わかるよね?」という部分が、そうは行きません。

一生懸命に書いたコードが、ほんのちょっとの手違いで、動いてくれないことは日常茶飯事。
「どこが違うんだろう→ああ、ここだったのか」と。修正と実行の、地道な繰り返しと、向き合わなければいけません。

また用語や、使用する記号については、あまり考えすぎない方が良いです。
「これは、どういう由来?」「きちんと意味を理解して、先に進もう!」など、

文系にありがちなこととして、言葉の意味など、つい追究したくなってしまいますが・・

最初にそこを頑張ってしまうと、ますます深みにハマり、訳がわからなくなり
入り口の地点で「もう、プログラミングなんて嫌だ!」と、挫折してしまう確率が高いです。

まずは「なんとなく、○○的な意味かなー」と、ふわっと流しつつ、

先へ進むことが、大事なコツになります。

文系は、プログラミングを学びにくい?

結論から言いますと、特定のこだわりや苦手意識を持ちすぎない限り、

文系か理系かは、ほぼ関係ないと感じます。

それよりも「○○を創りたい」「稼ぎたい」「仕事として依頼を完遂する」など

モチベーションは人それぞれだと思いますが・・それをもとに

地道に「がんばり続けられる人」こそ、スキルを身につけられると思います。

実にシンプルですが、実際にプログラマーやエンジニアを採用する立場の知人も

未経験から身に付けて貰う素質としては、それがいちばん大切と明言しています。

そして、もう一つ。仕事においては必ず、依頼主や上司、また他のエンジニアと一緒に

仕事を成し遂げることになります。

ずっと1人でパソコンと向かい合い続けるイメージがあるかも知れませんが

チーム力や、コミュニケーションが、とても大事になってきます。

どのエンジニアに聞いても、もし一緒に仕事をするのであれば・・

【スキルは低いけれど協調できる人 > スキルはあるけど我の強すぎる人】

が良いと話します。(あるていど、一定のスキルはある前提です)

素直にいろいろな学びや助言を吸収し、みんなと協調できるか

それが文系・理系ということより、はるかに鍵を握ることになります。

「文系×理系」ならではの可能性

文系の才能とプログラミング・スキルが組み合わさることは、

まったく新しく、かつ大勢の心を揺さぶるモノを創造する、力を秘めています。

“東方project”

例として“東方project”という作品を、耳にしたことがあるでしょうか?

今やゲーム、書籍、同人作品など、日本内外でとてつもない人気を誇る、

一大ジャンルとなっています。

東方を創り上げた、ZUN氏(通称「神主」)は、プログラマーとしてゲーム開発を行いましたが

以下の、色々な知識や要素を、掛け合わせています。

脚本・ハイセンスなセリフ →国語力
世界観 →歴史や民俗学
キャラクターデザイン →美術
楽曲 →音楽

これらをZUN氏が融合し、作られた“幻想郷”の世界観が、多くのファンを生み、

いまなお、心を揺さぶり続けています。

もし誰かが、同じようなモノを真似ようと考えても、とても真似できないセンスです。

“アップル製品”

またアップル社を創設した、スティーブ・ジョブズ ですが

有名になる前から「文系と理系の、交差点に立てる人間」を目指し続けていたと言います。

芸術・文化と、科学を結びつけたからこそ、唯一無二のアップル製品の数々が誕生しました。

そして本人が亡きあとも、今なお大勢の心を、魅了し続けています。
なお大勢が愛用するiPhone製品は、日本の“禅”思想が元になって、生み出されています。

日本人としては、少し感慨深さもありますね。

プログラミングを、身に付ける方法

さて、ここまで文系であってもプログラミングに触れる、特別なハードルは無く
本気で突き抜けた場合、むしろ独自の価値を生み出せる可能性も、お伝えしました。

最後に、本気でITエンジニアやプログラマーを目指し、手に職をつけたい方向けに、

【大変だけれど、短期で上達する → マイペースで、ゆっくり身につく】

上記の順序で、その方法“3つ”を、ご紹介したいと思います。

いきなり就職(転職)

もし今、あなたが新卒か、20代前半で

かつ最速でプログラミングを上達させ、かつ稼ぎにつなげたい場合は、この方法もお勧めします。
「え?まったく触れてもいない、初心者だけれど?」という方も、いるでしょうか?

企業の本音としては、もちろんスキルと実務経験のある人を、中途採用したいです。

しかし現在、ITエンジニア/プログラマーの求人倍率はあまりに高いです。

引く手あまたで、経験者の採用はハードルが高いです。

そこで、まったく未経験であっても「本気でやりたい気持ちが、ある」というのであれば

学ぶ環境を提供し、1から育てようという企業が、多数あります。

正直、最初は大変なことも多いと思います。

しかし半年〜1年がんばれば身に付き始め、かつ実践的なスキルを得ることができます。
ハードですが、ひとつの近道と言えます。

プログラミングスクールを利用

プログラミングは、始めた当初は特に、情報が多すぎて分からない事だらけになると思います。

もしあなたが、プログラミングで手に職を付けたく、かつ20代後半以降の方であれば、

スクールに通うことをおススメします。

個人的な意見としては、熱意と協調性があれば、何歳の方であっても良いと思っていますし、

実際に現役のITエンジニアに聞いてみても、それは同じ意見でした。

ただ、企業としては一定の年齢フィルターは、どうしても存在します。

若い方が素直で、体力や気力もあって頑張ってくれる“可能性が高そう”という視点があるからです。

スクールのカリキュラムで専門家に教わり、そのスキルに合った就職(転職)先を

斡旋・紹介して貰う道が、もっとも合理的かと思います。

そうした手段の1つとして、当ブログでは、以下の記事で

プログラミングスクールについて、解説しています

良ければ、合わせてご覧ください。

≫【脱・失敗】未経験からのプログラミングスクール選び【手に職を】

また、げんざい資金の捻出はきびしい方は、

無料のプログラミングスクールについて

利用の条件や、注意点もふくめ、下記で解説しています。

ご興味があれば、ぜひ、あわせて参考にしてください。

≫おすすめの無料プログラミングスクールと、注意点を現役が解説!

独学から取り組んでみる

先々はプログラマーやエンジニアを目指したいものの、急ぎではない。

また、いきなり何かに飛び込むのは難しい方は、

まずは独学で少しずつ触れていくのが、良いと思います。

僕自身も最初は、書籍や無料サイトで、独学から取り組み始めました 。

自身の経験をもとに、初学者の方向けに、以下の記事でも紹介しています。

よければ、ぜひ合わせてご覧ください ^^

≫【初学者の方へ】プログラミングの独学法

プログラミングは文系でも習得できる。

・プログラミングは、とてもクリエイティブなスキル。
・難解そうな用語は追究せず、最初は“ふわっと”覚える方が良い。
・協調性があり、素直にがんばり続けられるかが、素質として最も大切。
・これまで『文系×理系』の素養が合わさり、いくつも唯一無二のものが生まれてきた。

手に職をつける方法
①20代なら、いきなり就職(転職)してしまうのも手
プログラミングスクールを利用する

以上、文系ながらプログラミングに関心のある方へ、情報を発信させて頂きました。

皆さんの目標に向け、学びのきっかけや、利益となっていたら幸いです。
素養として触れてみたい方も、本気で就職を目指す方も、

そのチャレンジを心から応援しています。

ここまでお読み頂き、ありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました