【将来は?】介護士で経験を積むメリットを解説【福祉職は星の数】

とつぜんですが、あなたは今
この日本において、コンビニの数
介護事業所の数、どちらが多いと思いますか?

コンビニは約5.5万件
介護事業所は約23.3万件
じつにその数、約4倍もの差があります。

この記事では、これから介護職を
検討するあなたへ

・介護職の具体的メリット
・将来どのような道を選べるか

こうした点について、解説させて頂きます。

なお、このお話をする僕自身ですが
介護職・社会福祉士の経歴を合わせ、8年ほど
机上でなく、リアルな視点でお伝えできると思います。

無くならない・無くせない

冒頭でお話した、介護事業所の多さは
日本が世界一の、高齢社会であることの裏付け。

これから将来、日本の人口は、減り続けます。
しかし、逆に『高齢者の人口は、増え続ける』
この事実は、ご存知でしょうか?

それゆえに、国として介護職を
無くすことは、ぜったいに出来ません。

なお個々の事業所としては、経営が傾き
潰れてしまう可能性は、当然あります。

しかし、その後、どこにも働き口がない事は
ありえません。

なお、ここまでのお話を聞くと

いまIT技術が、発達していますよね?
いずれ全部ロボットになり、失職するのでは?

このように、思われるかも知れません。
いずれ機械に、とって代わられるのか?
結論として、NOであると言えます。

これは、実際に介護現場を体験すると
すぐ、肌身で感じられると思います。

例えば、食事の介助において

利用者1人1人、それも気分や体調次第でも
食べるペースが違います。

飲み込む力を見ながら、適切な量を、
本人が食べやすい角度で、口に運び、
むせたら、背中をさすったり叩いたりする。

これが、ロボットに出来るでしょうか?
それに「食べれば良い」だけでは
ただの作業。

『〇〇さん、サバの味噌煮ですよ』
『きょうは、食欲ありませんか?』

などなど、さまざまな声がけをしながら、
コミュニケーションをとりながら、
それが、心のこもった本当の介護です。

ロボット技術の発展は、素晴らしく、
どんどん人間に近づいているのは、間違いないです。

しかし上記の例、ひとつをとっても
とても人間でないと、勤まりません。

ただ、部分的な作業や、福祉用具に関しては、
これから、革新されて行くと思います。

しかし、それは介護士にとっての、負担を減らすため。
良い技術が生まれ、労働的には楽になりつつ
人間的に接する部分に、集中できる方が、幸せです。

仕事は無くならず、かつ技術の進歩は
介護のお仕事を、より良い方向へ
導いてくれるという、位置づけになります。

関連サービスは星の数

ここでは便宜上「介護職」と、一括りにしています。
しかし実際、どれほど多彩に分かれているか、ご存知でしょうか。

母体は公的な法人か、民間の会社か?
ホームヘルパー、デイサービス、特養、福祉用具専門相談員・・
有料老人ホーム、サービス付き高齢者住宅・・

すべて、別のサービス種別で
業務の内容も、給与も違います。
なお上記は一例で、細かい種別は、まだ多くあります。

関連職やキャリアアップも、含めれば
サービス提供責任者、ケアマネージャー、社会福祉士なども。

デイサービス1つをとっても
全国で10万件あり(コンビニは5.5万件)

通常型、運動型、入浴専門、民家型、
また昨今のニーズに合わせ、珍しいタイプでは
美容デイや、農園デイ、カジノ型デイも

ここまで、種類が多い業界も、そうそう無いです。

看護師に、たとえるなら
町のクリニックか、大病院か?
内科、外科、耳鼻科、整形外科・・同じ医療でも、違う。
こうしたイメージを、持って頂けたらと思います。

このように、分野も規模も様々なうえ
将来、新しいサービスも、生まれてきます。

介護のお仕事に限りませんが、職場によっては
どうしても業務の相性や、人間関係が
あなたに合わない可能性は、あります。

しかし、これほど種別も、
キャリアアップも多彩な分、

未来に、選択肢も多数。

ぴったりの職場に、巡り合える、

その可能性に、溢れていると言えます。

本当のあなたで勝負

福祉職は、とても特殊な分野で
学歴や職歴が、ほぼ影響しないお仕事です。
(採用時のコネ等は、あります)

なぜなら、立派な経歴があれば
利用者が心を開いてくれたり
介助が上手く行くわけでは、ありません。

あなたが、どんな人間で、どう決断するか
どんな風に声をかけ、利用者と接し、仲間と連携するのか
それが、すべてです。

何年やったから、過去にこんな成功をしたから、
いっさい関係ありません。

予想もしないことが、たくさん起こり
つねに試行錯誤なのが、むずかしい一面ですが、

ほかの誰でもなく、
あなただから、利用者が心を開いてくれる
あなただから、仲間に信頼される


その実感を得られたとき
心から充実や、誇りを感じられ
勤務先は仕事場であり、あなたの居場所になるでしょう。

こればかりは、机上で学べるものでなく
現場を経験しないと、実感できないものです。

【求人リサーチ/資格の取得方法】

介護職は、あまりに種類が多いです。

もし、あなたが入職を考えている場合
事業所を1つずつリサーチし、比較し
決断するのは、とてつもない労力。

そうした場合は、福祉業界に特化した
転職サービスの、膨大な情報を利用しつつ

「知っている人に、聞いてしまう」のが、近道かと思います。

「年収は〇〇円を希望したいです」
「ここの評判は、どうですか?」

など・・事業者へ、ダイレクトには聞けない事
担当に質問できる点も、有益だと感じます。
あなたの未来を左右する、大切な事です。

なお職場探しに関しては、以下の記事にて触れています。

いま福祉職を検討をされている方は、ぜひ合わせてご覧ください。

≫介護の転職エージェントおすすめ!社会福祉士が紹介

まとめ

以上、介護職を目指すメリットについて
お話させて頂きました。

ほんとうに、おどろくほど広大な分野に
またがる職業では、ありますが。

たとえ事業所や、地域はちがっても
おなじ志をもつ、仲間だと思っています。

1人でも多くの方が、興味を持ち
福祉職を目指して頂けたら、嬉しいです。

ここまでお読みいただき、ありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました